40代低所得女・スロット兼業も卒業し、介護職員をしながらジャグラー以外の楽しみを模索するブログ

コロナを期に得意のジャグラーも設定が入らなくなって打ちようがない為、ジャグラー以外の楽しみを探すことにしました。

スロット依存症とのつきあい方

・・・真剣に勝てるようになるしかないんじゃないか?と本気で私は思うのですよ(爆)

スロット依存症の根本的要因は、きっと精神的な部分でしょう。少なくとも私は敢然たるスロット依存症、もといジャグラー依存症に間違いありません。

(収入の問題が解決すれば今ほど馬鹿みたいに打つ必要はないんだけど、それでも休みの日にやる事がなければ迷わず暇つぶしに打ちに行くと思うのよ。)

依存症の人間がスロットを本格的にやめるには、現実世界で精神的なものを満たせるようにならないと厳しいのかな?と。

私のようなスロット依存症は、現実世界で満たされていない何かを、スロットで満たしているのではないかしら?(他の依存症もカラクリは同じだと思うのですが)

それは、自尊心なのか?
あるいは、寂しさなのか?
はたまた、人とうまく関われないからか?

とにかく、満たされない欲求の何かをスロットで埋めているのではなかろうか?

ゴーゴーランプがぺかると、きっと自分が何かに選ばれたような認められたような嬉しい気持ちになるのかもしれません。それが結局、ビッグなのかバケなのかはあんまり関係ないのかもね(爆)

ちなみに、勝ってても負けててもスロット依存症に代わりはないと感じますし、私はプロもスロット依存症に充分当てはまると思いますよ?プロほどしっかりした頭脳があるならば、現実世界の実社会でスロットの何倍ものお金を稼げるはずです。それなのにスロプロをやってるという事は・・・です。

ならば、もうとにかく勝てるようになるのが1番なんじゃないかな?と真剣に思うのですよ。本当は精神的な問題を根本的に解決し、スロットはたまの息抜き程度位までに収まれば幸せな事なんですが、一度この世界に漬かってしまったら抜け出すのはなかなか難しい。で、負けてばかりいたらそれこそマズイ。

スロットは、高設定さえ打てばトータルでは勝てるシステムなんですが、トータルで負けてる人はこのシステムを認めない傾向が強いです。「設定なんてそんなの関係ない。所詮遠隔なんだから」と。

私も個人的に遠隔が絶対にないとは言い切れないと感じますし、サクラがいるのも事実だと感じます。

でも、そんな可能性も全部引っくるめた上での、勝てる店探しと高設定台の確保を日々模索して実践する事を諦めてはならないと感じるのです。

パチ屋自体が胡散臭かったり、でもある時期は優良店に成り変わったりと、月単位で店の在り方がコロコロと替わる世界だと思うので、お気にいりのパチ屋を極端に信頼したりせず、日々店の状況を観察していく必要があると思うのです。

勝つことに遠慮はいらないと思いますよ。なぜ店が客に還元するかと言うと、また来て欲しいからです。なぜまた来て欲しいかと言うと、前回勝ったお金をまた使って欲しいから(爆)

なので、店的には1人でも多くのお客に還元したい訳なんですが、これがプロをはじめ特定の客ばかりに勝たれてしまうと、還元したお金を店が取り返せないんですよ(汗)プロはトータルで勝ちますから(汗)だからこそ、プロお断りをうたう店もあるのかとは思いますが、そんな凄いプロは精々全体の1割くらいいるかいないかのもんで、普通の人間ならばたとえ勝てるようになっても負けるときは嫌でも負けますから、だから普通の人ならば勝つことに遠慮なんかいらないと私は思うのです。

店も回収する時は怖いくらい容赦ないですから(汗)だから設定6をゲットできたら、とにかく閉店までぶんまわしまくって可能な限り出玉を回収しましょう(爆)

遠隔やサクラに関しては「ん?何か今日おかしいぞ?」と違和感を感じたら、とにかく打つのをやめて店を出るに越したことはありません。サクラがいる日はサクラ以外の台は出ないはずなので打っても意味がないし、何らかの遠隔臭を感じたら、その日も打たない方がいいでしょう。

ちなみに遠隔についてなんですが、基本的には出さないではなく出す遠隔の方が多いと聞きます。理由は、出したくないなら最初から設定1にすればいいのでわざわざ遠隔で特定の台の出玉を止める必要もないとの話を聞いた事があります。

それから遠隔で出さない事をする場合、負けてる客ではなくて、やるとしたらいつも勝ってばかりいる客にやるもんじゃないですかね?でも、勝ってばかりいる客は高設定に座る率が高いので、そんな事したら遠隔されてるのが客側にバレバレで事態がややこしくなります。

出禁にしたい客がいる場合は、なんかしら理由をつけて出禁にすればいい話でしょう。

但し、島単位での出玉の調整は時間帯別とか何かで出来るみたいで、これは遠隔には引っ掛からないみたいです。確かに時間帯によって島内がシーンとしてる時は実際にありますし、その逆で島内全体が馬鹿みたいに盛り上がる時もあります。私は関係なく打ち続ける派ですが、他のお客さんたちはそういう時、席を立ってしばらく打たない人も結構見かけます。

私は遠隔よりも裏ロム系の方が充満してるんじゃないかな?と思うんですよね(汗)変な出方をするジャグラー、今もよく見かけますよ私・・・(爆)出る出ないじゃなくて、スランプグラフが変=出方が変。こんな異常な波を描く設定なんてあったかしら?見た事ないんだけど・・・何がしたいんだろう?みたいな(汗)

昔みたいな出玉をアピールする為に作られた爆裂系ではなくて、とにかく何か変(笑)ある意味ハウスモノだな(汗)とか勝手に思いながら・・・そんな台やそんな島にはとにかく立ち入らない・手を触れない・打たない。

なので、これらを踏まえた上で勝つ立ち回りをしていく訳ですが、いずれにせよ毎日サクラを使う店は多分ないと思うのですよ。一般客の私がイベント日やイベント前日に設定6のジャグラーをたまにツモる事がある訳ですし、イベ日以外でも最低設定4が入ってさえいれば勝てる確率は上がるし、最悪設定3で機械割98%とかなら、長く打たなければ勝ち逃げも可能。低設定でもグラフ右肩上がりの引き強台ならば、うまくいけば閉店までツッパして勝てる場合もある。リセットがかかっていれば朝イチリセ狙いで2000枚前後獲得出来る。天井のある台ならば天井狙いや宵越し天井狙い。ゾーン狙いもある。

勝てる要素は、こんなにも沢山ある訳です。

とにかく、少なくともイベント日にサクラを投入する可能性は少ないと思うのですよ。とにかく、サクラがいるから勝てないというのは理由にならないかな?と。(サクラを投入するならば、きっとイベント日以外の平日とか?)という事で、別にサクラがたま~にいても、私達の勝ち負けにそこまで影響はないので、気にする必要はないと個人的に思っています。気分は良くないけども(汗)

遠隔に関しては、遠隔を疑うよりもまずは自分が打つ台の各設定の知識(各設定の機械割やボナ確率・設定判別要素となるものを把握する)を身につけて実践していく事の方が遥かに重要だと思います。じゃないと、遠隔とか関係なしにトータルで負ける可能性が高いのです。その日まぐれで勝ったとしても、パチ屋は基本的に客が負けるようにカラクリを組んでますので、そのカラクリをかい潜るには店の傾向を読む事と、設定判別が必要になってくると思います。客が運だけで勝ち続けられるならば、パチ屋はとっくに日本から全店消えてるはず・・・(汗)

こんな風に勝つ為の立ち回りをしていくと、今までのスロットの価値観が変わっていくはずです。私は今もスロットは好きですが、楽しいかどうかで言うならば、前よりつまらなくなっちゃいましたね(汗)
でも、高設定台をツモれた時はやっぱ嬉しいし、やりがいを感じます。スロットにやりがいって・・・(汗)何か変だよね(爆)

今では、スロットでツモる事が私の仕事みたいな感じになってしまってて、何か変な感じなんですよ(汗)

こうやってスロット依存症と向き合いながら、私は自分の中にある精神的な問題と無意識に向き合っているのだと思うのです。